探偵社が教えるこんな時どうする | ストーカー調査 ストーカー行為 ストーキング 対策 被害 相談 − 低料金で調査を行う信頼の探偵社です。

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ

トップページ > 探偵社が教えるこんな時どうする

ストーカー調査 ストーカー行為 ストーキング

ストーカー調査 探偵事務所パーソナルインテイク

探偵社が教えるこんな時どうする

突発的なトラブルに見舞われると一瞬動作が止まり思考も停止してしまいます。
ここでは様々なトラブルの例を挙げ、問題が生じた場合の対処方法についてご紹介致します。

帰宅時にストーカーに追いかけられた

帰宅時にストーカーが尾行した場合、相手は次ぎような目的が考えられます。

  • 相手の行動を監視したい
  • 相手に隙があれば襲いたい
  • 相手の自宅を知りたい
  • 相手が自宅に入る際に押し入りたい

いずれも大変に危険なものであり、自宅に着くまでに相手を振り切る必要があります。

基本的には人通りが多い繁華街で出入口が二つある建物を利用し脱出する方法がもっとも安全ですが、尾行の存在に気づくのは大抵は人通りがまばらな場所に差し掛かってからです。

相手から逃げるには、歩行中に通りの角を曲がったら一番近くの民家の敷地内に逃げ込み相手をやり過ごす方法しかなく、危険が差し迫った場合には灯りの付いた民家に救援を求め飛び込むのも有効です。

ただし、危険はその時になってから対応するのでは遅いため、事前に「通勤ルートを頻繁に変える」「車や自転車を利用する」「帰宅方面が同じ人と帰る」などの予防が効果的だといえます。


ストーカーに襲われた

ストーカーや変質者にいきなり襲われた場合、相手の目的は「わいせつ行為」「連れ去り」などが考えられ、その被害は甚大なものになりますがこちらができる対応は限られた物になります。

加害者も被害者が反抗する事は承知の上で襲うため、凶器や拘束具などを用意している可能性が高く、「武道の達人」でも無い限りは直ちに反撃するという事は無謀だといえます。

襲われた当初は相手に対し従順な対応を見せ付ける一方で相手を冷静に観察し、武器や仲間の有無、更に脱出するためのタイミングを計ることになります。

脱出するには相手に手足を拘束される前に動かなければならず、また追いかけられぬよう相手の動きを封じておく必要があります。男性に比べ力の弱い女性ができる効果がある攻撃法は限られており、最も良いのは相手の目に対する攻撃です。目は神経が集中しており少々の攻撃でしばらく視力を低下させることができます。

お問い合わせ 探偵事務所

トップ|探偵事務所パーソナルインテイク